パート看護師としての働き方

パート看護師として勤務をお考えの方は必見です!

パート看護師としての働き方

アルバイトと同じように、パートという形で働く看護師もたくさんいます。 パートとして働いた場合の大きなメリットが、時間に余裕ができるという点です。

家庭の事情や子育てなどの関係で、常勤として働くことができないという場合は、パートとして働くことも検討してみてはどうでしょうか。 また、ブランクが長い人の中にも、常勤ではなくパートとして働き始める人がいます。

最初から常勤で働くと仕事についていけなくなった時に対応することができませんが、パートであれば少しずつ慣れていきながら働くことができるでしょう。 しばらくはパートで働き、勘を取り戻したうえで常勤として働くという選択肢もありますね。

ただ、常勤に比べてパートのほうが採用されやすいとは限りません。 常勤スタッフが集まらないところがパートの看護師を募集していることが多いのですが、パートは非常に人気があります。そのため、競争率が高くなってしまうことがあるのです。

パートとして働く場合も履歴書は必須となるので、慎重に履歴書を書くようにしましょう。 それから、パートはあくまで働く時間が限定されている働き方だと思ったほうがいいです。

仕事の内容は常勤スタッフと変わらないため、仕事自体が楽だというわけではありません。 パートだから楽ができるという考えで応募をしてしまうと、あとから後悔することになるので注意しておきましょう。

また、パートとして働いた場合のデメリットについても知っておきましょう。 特に大きなデメリットは、パートやアルバイトの場合は賞与が少ないという点です。

アルバイトは賞与が出なくてもパートならば出るという施設が多いのですが、それでも常勤看護師に比べると金額は少ないです。 仕事内容がほとんど同じであるにも関わらず賞与に大きな差が出てしまうと、不満を感じてしまうという人もいるかもしれません。

確かに自分にとって都合のいい時間帯だけ働くことができますが、メリットばかりではないので覚えておきましょう。