認定看護師教育課程の受験対策ポイント

認定看護師になるための第一難関突破を目指しましょう!

認定看護師教育課程の受験対策ポイント

認定看護師になる道のりは険しいものですが、その道中で最も難関だとされている のが「教育課程実施機関の受験」だとされています。認定看護師の合格率自体は非常に高いのですが、この高い合格率は教育課程を実施する機関の受験自体が非常に厳しいことによるとされています。

認定看護師教育課程を実施している教育機関の受験倍率は公開されていませんが、過去に受験した方の体験談などを参照すると、4倍を超えるケースも少なくないことが分かります。教育課程を受ける前に、多くの方がふるい落とされているという訳ですね。このことからも、大変な難関であることが伺えます。

教育機関の受験内容は各校によって様々ですが、内容的には「筆記試験」「面接」の2つとなっています。 筆記試験は、記述式・小論文・択一式と各校特徴があり、受験を希望する教育機関の傾向を掴むことが重要となります。また、出願をした人に向けて過去の試験問題を公表している教育機関もあります。

また、看護協会のホームページには「認定看護師登録者一覧」が公開されていますので、身近に自分の希望する認定分野の専門看護師がいないかどうか調べることも出来ます。近くに希望する認定分野の認定看護師が存在する場合には、受験対策のためにコンタクトをとってみても良いでしょう。

面接対策を行う場合には、志望動機に重点を置きましょう。志望動機はどの教育機関の面接でも聞かれるものですので、しっかりと煮詰めておきたいところです。「資格が取りたい」という理由ではなく、「なぜ認定看護師を目指しているのか「認定看護師になって何を行いたいのか」といったことを、自分の言葉で具体的に伝えられるよう事前に十分練習しておきましょう。

教育機関によっては、過去問がなかなか手に入らないケースもあるかと思います。しかし、そういった場合も決して焦らず、募集要項を十分確認し、出題範囲を把握したうえで専門書や雑誌を活用しながら勉強を進めましょう。加えて、日頃からセミナーや学会に参加し、各分野の医療動向などにアンテナを張っておくとためになります。

認定看護師教育課程の受験には、なによりも日頃の積み重ねがものをいうということを、是非、心に留めておいて下さいね。